ニュース
2020/12/01

今月よりスタート!2020年11月の海外東方ニュースまとめ(韓国・中国)

2020年11月 海外の東方ニュースまとめ

今月より、東方我楽多叢誌翻訳チームよりまとめていただいた各国の東方ニュースを「海外の東方ニュースまとめ」としてお届けします!

同じ東方Project好きと言っても、なかなか知ることのできない海外の東方事情。そんな海の向こうの東方ファンたちのシーンをお届けできれば幸いです。

今回は韓国・中国の翻訳チームよりニュースをいただきました。情報が盛りだくさんです!

 

韓国の東方ニュース

初めまして! 韓国語版の翻訳をしています、Chlorineです。韓国から一か月間の東方ニュースをお伝えします!

 

「東方スペルバブル」 韓国語版発売&コラボカフェ開催!

発売以降着々と人気を集めている東方二次創作ゲーム「東方スペルバブル」。多くの方々にお馴染みの「パズルボブル」と東方を融合させるだけにとどまらず、音ゲーの要素まで加えた興味深い作品です。

この「東方スペルバブル」の韓国語版が、10月15日から発売されました。

 

また、発売記念として「モファンカフェ舎堂店」で、10月9日から11日15日までコラボカフェが開催されました。

 

コラボカフェはすでに終了していますが、足を運んだ方々からレポート写真をいただきました! その活き活きとしたレポート写真から現地の雰囲気を味わうことができるかと思います。ぜひご覧ください!

ビッグふもふもマン(빅후모후모맨)さんよりご提供
ワベルワインド(와벨와인드)さんよりご提供
シルヴィアレクイエム(실비아레퀴엠)さんよりご提供

カフェの内装は『東方スペルバブル』の流麗なイラストで飾られていて、実際に遊べる空間も設置されていました。もちろん、コラボイベントには外せないグッズも充実。ゲーム本編はもちろん、マウスパッド、うちわ、バッテリーなど、さまざまな種類のグッズがありました。

モファンカフェ舎堂(모펀카페 사당)M&H BOOKSさんのツイートより引用
シルヴィアレクイエム(실비아레퀴엠)さんよりご提供
ワベルワインド(와벨와인드)さんよりご提供

カフェのメニューも東方キャラをモチーフにしたものでした。ゲーム本編に登場するキャラ8人をモチーフにしたメニューは、お味もとても良かったとのことでした! くわしいレポートが気になる方は、写真のリンク先をご覧ください。

コラボカフェはすでに終了していますが、ゲームは現在韓国語版DLCも発売されています。

 

「東方Project」25周年記念全キャラ合作公開!

皆様は「合作」というネット文化をご存知でしょうか。「合作」とは、お題を決めて、そのお題に合う作品(主に絵)を参加者達が作り、集まった作品を鑑賞する文化です。

今回はKUYA(쿠야)さん主催の『「東方Project」25周年記念全キャラ合作』を紹介したいと思います。

『「東方Project」25周年記念全キャラ合作』

https://hongeunyeong0.wixsite.com/mysite

紅魔郷から鬼形獣までの「東方Project」全キャラクターが登場するすごいボリューム! サイトの構成からBGMまで、すべて今回の合作参加者さんたちが制作したものです! ぜひ、サイト内のBGMプレイヤーを再生して、音楽と一緒にイラストを一つひとつ鑑賞してみてください!(ぜひ最後まで見てほしい!)

 

東方二次創作ゲーム「東方花闘伝」開発中!

東方と言えば、やはり二次創作は欠かせません。韓国東方クラスタにも二次創作者はいますし、その作品の中には二次創作ゲームもあります。

今回は夢想ビアトル(몽상비아토르)さんが開発中の二次創作ゲーム『東方花闘伝(동방화투전)』を紹介したいと思います。

皆様はローグライクというゲームジャンルをご存知でしょうか。簡単に説明すると、多くのランダム要素があり、キャラが死んだらそこまでの成果を大部分、もしくは全部失ってしまうのが一番大きな特徴ですね。該当する作品には、ローグライクの原点であり、ジャンル名の由来となった「Rogue」から、有名なローグライク系ゲームの「The Binding of Isaac」や「Darkest Dungeon」、お馴染みの「不思議の幻想郷」などの数え切れないほどのゲームがあります。

「東方花闘伝」は、ローグライト(ローグライクの派生系ジャンル)の中でも、デッキビルドの形式を持つゲームです。既存のゲームで似たようなゲームを挙げると「Slay the Spire」や「クロノアーク(크로노아크)」などがあるでしょう。キャラクターを選択してそのキャラのカード(スキル)を駆使して戦闘を切り抜けるゲームです。

ご覧の通りマップを探索し続けると、 通りすがりの人(?)に会ったり、戦闘、会話、商店などのさまざまなイベントが発生します。

戦闘に突入すると5枚のカードが与えられ、そのカードたちを適切に使いこなして敵を倒したり、敵の攻撃を最小限の被害で乗り越えるのが基本です。そうやってターンを過ごしながら敵を全部倒すと勝利します。

色んな特性のカードがあって頭を使いながらプレイするのが本当に楽しいです。

ステージを探索しながら集まったお金を使ってキャラを集めて、自分だけのパーティーを組むこともできます。

今は開発中ですのでまだ追加されてない機能もありますが、それでも十分に楽しめるクオリティとなっていますので、ぜひともプレイしてみてください!

ゲームは現在、製作者さんのツイッターにて無料で配信中です。パッチ更新も進められていますので、今後の進展にご期待ください!

 

中国の東方ニュース

みなさんこんにちは。中国からは東方に関連する4つのニュースをお届けします。

 

中国で東方サークル主催同士が結婚、東方的要素しかない結婚式が開催

写真は日本でいう式場の入場入り口に当たる場所

11月7日、中国・浙江省で結婚式が開かれたましたが、その内容が驚き。新郎・囧仙さんと新婦・優さんはそれぞれに東方ジャンルでサークル活動をしてきたため、どこをとっても「東方」な結婚式が行われました。式には、おふたりの知る東方ファンが、中国全土から集まりました。

婚礼では、親友の中国東方サークルが東方ライブを開き、東方漫才を披露したほか、日本よりからは原作者である博麗神主ことZUNさん、及び東方同人サークルの方々によるビデオメッセージが届けられるなど、思わぬサプライズに来場者からも大歓声が響き渡りました(ビデオメッセージの個別動画はこちらからご覧いただけます)。

また、一連の行事が地元メディアに「世にも珍しい二次元結婚式」として報道される一幕も。夫婦が「二次元的な事業」にチャレンジしていることも合わせて「二次元による町おこし」の良い事例になっているとのことです。

 

国家主席が著作権法の修正案に署名、二次創作も守られることに

11月11日、中国の立法府が修正した著作権法に習近平国家主席が署名、来年6月から施行されることが発表されました。数日後に日本及び中国を含む15カ国がRCEPに署名し、この地域協定が著作権保護について各国の努力を促していることもあって、中国政府は今後、著作権保護の姿勢を強めることが予想されます。

国際条約というとTPPのときに日本で懸念されたような「著作権侵害の非親告罪化」を思い出すかもしれませんが、この著作権法の修正案にはそのような方針がなく、二次創作(既存作の改編・注釈・整理等)についても「原作品の著作権を守る」上に「二次創作の著作権を主張できる」という形になります。中国の同人界隈にとっては良いニュースになりました。

 

大学を中心とする合同オフイベント「東方天南宴」が開催

11月8日に開催された東方天南宴は、中国・天津市の名門大学・天津大学と南開大学が開催する大学サークルのオフイベント。現在は天津及び周辺地域で開催しています。

一般的な東方オフイベントと比べると、より東方ファンそのものに注目し、イベントの内容もファン同士の交流を楽しむものになっています。

アナログゲーム、STG作品のリレーなど、ファンがファンを楽しませることで、オンラインの友達がオフラインの場でも交友を深める場として、大いに盛り上がりました。

 

中国発東方二次創作アニメ『秘封活動記録』第三話が2021年に頒布予定

中国の東方サークル「京都幻想劇団」が制作している東方二次創作アニメ『秘封活動記録』。第三話は元々2020年に頒布予定でしたが、感染症の影響で春の例大祭・夏のコミックマーケットが立て続けに中止となったことで頒布時期は未定となっていました。
本作の情報更新も一時は途絶えたものの、現在は2021年の頒布を目指していることが発表されました。

これまでの情報をまとめると「第三話-運命-」は上下二部作で、「『60分をゆうに超える内容』をお届けする」とのこと。作品の第一話・第二話は、ともにサークルのYoutubeチャンネルで視聴でき、また各委託ショップやDLsiteでも入手可能です。第三話の公開より前に、まだ見ていないという人はぜひともご覧ください。

 

東方我楽多叢誌ではみなさまからプレスリリースを募集しています。「うちの作品をぜひ紹介させて欲しい!」など、お気軽にお送りください。

以下のリンクにあるフォームから入力をお願いします。

https://touhougarakuta.com/news/press/