ニュース
2019/12/27
unofficial

冬コミ(C97)にてデッキ無料配布&1月に大会開催!東方同人歴10年以上のアナログ絵師が製作した二次創作カードゲーム「東方如何月」

プレスリリース

 東方二次創作カードゲーム『東方如何月』が、冬コミ(C97)にて無料配布&1月に大会開催決定!

 『東方如何月』は、サークル「テレピン1000ml」から今年の2月より頒布された東方二次創作のカードゲームです。
 サークル代表の「蒲谷カバヂ」は、東方同人歴10年以上のアナログ絵師で、油絵やアクリル、墨彩画などで東方絵を描いています。
「このゲームの頒布は、東方二次創作内でも比較的小規模なアナログ界隈が目立ってほしいという願望も込めて始めました!」

サークル「テレピン1000ml」は普段は絵をメインに活動しています。

「今年の7月には、サークル代表の「蒲谷カバヂ」が第11回東方ニコ動祭のワンドロ配信企画の絵師に選ばれ、同日に参加していた東方想七日の会場にてルーミア+お題キャラのナズーリンで墨彩画を描きました!」

 「東方如何月」は12枚という少枚数のデッキのみを用い、それを全て手札として扱うのが特徴です。運要素皆無の分、戦略(デッキ構築)と読み合いがモノをいうカードゲームになっています。
 2月より月1~2で新デッキを出しており現在紅魔郷から紺珠伝キャラまでをほぼ網羅!
 デッキはランダム封入なしで全て構築済みのため、TCG(トレーティングカードゲーム)に拒否感のある方でも楽しめます。

「C97での無料配布デッキには、新規デッキと既存まとめデッキの2デッキ分が収録されており、これ一つで誰かとプレイ可能になっています。友人に東方を知ってもらうきっかけとしてぜひ。C97では無料配布デッキを500セット用意していますので、興味のある方は、冬コミ4日目南ミ-13bのテレピン1000mlに足を運んでみてください」

 さらに、2020年1月18日には、第三回となる交流会/大会を開催します。11月に第一回を開催し、12月21日には、第二回を開催しました。
 大会の優勝景品は、蒲谷カバヂ直筆の墨彩画。優勝者に指名された東方キャラクターの絵をその場で描きます。

第一回大会では「ヘカーティア・ラピスラズリ」が指名されました! 第1回の優勝者の推しは「多々良小傘」だったようですが、決勝戦での逆転劇を決めた札としてヘカーティアを指名。

 ゲームをきっかけに、新たなキャラに興味を持ったり好きになったりできるのも醍醐味の一つです!

 

東方二次創作カードゲーム『東方如何月』
頒布サークル:テレピン1000ml
公式HP:https://www.touhouikangetsu.com/
公式twitter:https://twitter.com/touhouikangetsu
公式Wiki:https://touhouikangetsu.wiki.fc2.com/

【開催情報】
C97無料配布
日程:12月31日
場所:東京ビッグサイト南館ミー13b 「テレピン1000ml」
部数:500

【追記:開催場所が変更になっております】
第三回東方如何月交流会/大会
日時:2020年1月18日(土) 13:00~17:00
場所:東京都江東区亀戸6-56-8-2階 U.N.逢縁
参加費:2000円(フリードリンク飲み放題付)
参加名:16名
大会参加表明方法や詳細は公式twitterより告知を行う他、公式HP内『大会・交流会情報』にて掲載中。

お問い合わせは下記まで↓
公式twitter:https://twitter.com/touhouikangetsu
メールアドレス:touhouikangetsu【あっと】yahoo.co.jp


「東方我楽多叢誌」では、皆様からのプレスリリース情報をお待ちしております!下記より情報をお送りください。
https://touhougarakuta.com/news/press/