ニュース
2020/12/15

小説朗読会や来年のイベント情報、高画質動画の公開など、今週の東方ニュースまとめ

12月第3週 今週の東方ニュースまとめ

「今週の東方ニュースまとめ」では、直近1週間の東方Project、その二次創作にまつわる情報をお届けします。

整理&まとめていくことで、東方ファンのみなさまの情報収集の一助になれば幸いです。

今回は、ユーザープレスリリースを2件いただいています! ぜひ記事の最後までご覧ください。

 

「東方小説朗読会 Web版」12月30日開催

12月30日の21時~23時に、YouTube Liveで東方小説の朗読生放送「東方小説朗読会 Web版」が開催となります。

脚本、イラスト、声の組み合わせによる朗読会という珍しい試みとなっており、どのような作品が朗読されるのか気になります。こちらの朗読会はエアコミケの期間に開催されるイベントとなっています。歳の暮れに朗読を聴きながら過ごす、そうした同人の楽しみ方もエアコミケならではですね。

 

「東方椰麟祭第十一幕」2月7日開催

2020年の開催が延期となっていた東方椰麟祭が2021年の2月7日に開催することが発表されました。

東方椰麟祭は広島で開催されている東方Projectオンリー即売会で、次回で11回目の開催を迎えます。地方の即売会も徐々に開催再開の動きが見え始めており、広島の東方ファンにとって今回の開催決定は朗報ですね。

なお、イベント名の「椰麟祭」は方言由来のネーミングらしいですね。こういったところにも地域の特色が色濃く出ています。

 

東方鈴奈庵オンリー即売会「鈴奈幻想絵巻~三章~」4月4日開催

東方鈴奈庵を題材としたオンリー即売会「鈴奈幻想絵巻~三章~」が2021年4月4日に開催することが発表されました。

鈴奈幻想絵巻の開催地である三重県松阪市は鈴奈庵の主人公・本居小鈴の由来となった江戸時代の学者・本居宣長の出生の地でもあります。

過去の開催では、地域と協力して松阪公園周辺の歴史施設でのコスプレ撮影会や見学、読書会といった小イベントも併催されています。即売会だけでなく、その地域だからこそできる「元ネタ」を楽しめるのも鈴奈幻想絵巻の魅力ですね。これら小イベントの次回併催情報についても、準備会Twitterをチェックしておきましょう。

 

ユーザープレスリリース

東方ゲームイベント『東方ニコ遊祭・雪晴』開催決定

2021年2月8日から14日にかけて、東方二次創作ゲームイベント『東方ニコ遊祭・雪晴』が開催されます。

以下、いただきましたイベント案内を抜粋して掲載します。

東方ニコ遊祭は「開発した東方ゲームを、動画や画像で紹介する」がメインになります。

過去に開発したゲームから今から開発するゲームなどをニコニコの各サービスを利用して発表していく形式を取ります。(動画、静画、ブロマガ、ツクールなど)

それに加え、Twitterでの参加も可能!Twitterを利用して自作ゲームやプレイ動画、静止画などにハッシュタグ「#東方ニコ遊祭・雪晴」をつけてどしどし投稿して宣伝してください!

新しくゲームを開発する人に向けて、運営でテーマを設定しました。テーマは「雪」「時間」「チョコ」「爆発」の四つを用意しました。「自分で好きに作ってやるぜ!」という方、もちろん大歓迎です♪楽しみやすい、やりやすいほうを選択してください。

また、投稿されたゲームを遊び、感想などを発信してくれるとゲーム開発者さんもうれしいので、ぜひTwitterなどで広めていただきたいです。

詳しい内容やイベントの参加方法、諸注意などは公式ホームページに記載しています。少しでも興味がある方はぜひのぞいてみてください!

https://touhoucreators.com/notice002/

前回2020年5月に開催した『東方ニコ遊祭・春風』よりも盛り上げるため、運営も頑張って盛り上げていきます! たくさんのご参加、お待ちしてます。

東方の二次創作ゲームを作ってみたい、遊んでみたい方はぜひご参加ください。

 

「RED FOREST METAL ORCHESTRA」4K HDR 60fpsの高品質動画を公開

12月9日にRED FOREST METAL ORCHESTRAより秘封倶楽部を題材とした動画作品「現夢-GENMU-2020ver.R」が公開されました。

本作は4K HDR 60fpsという極めて高品質の映像技術によって制作されており、動画に込めるサークルの意気込みがうかがえます。サークル代表のRFさんよりメッセージをいただきました。

RED FORESTのRFです。

2020年は「紫明秘封」のようなイベントは開催できなかったのですが、
新しい技術の実験作として、技術者たちの熱意の詰まった
「4K HDR 60fpsのアニメMV」を制作しました。
これはyoutubeの限界画質です。

そして、HDRの色域も確保しています。
映像のHDRは、実際にRGBそれぞれ10bitの深度があります。
通常1677万色なのに対し、HDRでは10億色を取り扱うことができ、驚くような色彩が表現できます。
さらに、明度も細かく表現できるので、黒つぶれや白飛びを防げるだけでなく、
実際に目を背けたくなるような明るさで光の表現ができます。
今回のMVでは、魔理沙がマスタースパークを撃つシーンの明るさは必見です。

音声側も5.1chのハイレゾで仕上げています、ホームシアターのような環境であれば音に包まれる感覚を体験していただけます。
(こちらはyoutubeには投稿できませんでしたが、
 Youtube動画ページの詳細欄から無料でダウンロードが可能です)

作品の内容としては、去年の紫明秘封の際に作ったTUMENECOさんのカバー曲「現夢 ver.R」MVのリメイク版となります。

おそらく、東方の歴史上、ここまでの超高画質の映像は存在しないでしょう。

当然、これらを最も十全な状態で揃えて視聴できる、そのような環境を持っている人は少ないかもしれません。
それでも、これからくる未来のために、今の段階でこれが同人レベルでも実現可能かどうか、実験作として制作しました。
いま30年前のVHSの映像を見ると我々は「低画質」だと感じるでしょうが、
おそらくこのMVは30年後にみても、画質が悪いとは思われないでしょう。

30年程度先を見た映像です。30年後の東方ファンにも見てほしいです。

我々、秘封のクリエイターが、科学世紀をお届けします。

RF

また、後日には8K版の公開も予定しているとのことです。最先端の映像美を堪能しましょう。

 

東方我楽多叢誌ではみなさまからプレスリリースを募集しています。「うちの作品をぜひ紹介させて欲しい!」など、お気軽にお送りください。

以下のリンクにあるフォームから入力をお願いします。

https://touhougarakuta.com/news/press/